ワガノワが動いた

  • ワガノワが動いた はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます

今年、2018年はロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー創立280周年だそうです。

設立が1738年5月4日(同校ホームページより※1)とのことなので、ちょうど280年経ったばかり。

しかも、その5月4日はバスターズフェスタGWの日でした。

あ、これは偶然ですよ!

280年前というと、日本は江戸時代八代将軍吉宗の頃でした。

当方、歴史に疎いので逸話を語ることが出来ません。(><)

そのワガノワ・バレエ・アカデミー(以下、VBA)。

今年、同校史上初となる決断をしたようです。

ワガノワメソッドが指導できる教師は、同メソッドの1〜8年生までの教授法全てを同校で修得した者に限られていたそうです。

だから、
特定の学年の指導法を学んだ時点で教師認定することはこれまでなかったそうです。

これにはメソッド上必然的な理由があってのことなので、よく資格試験とかで見られる

・初級
・中級
・上級

と分けて認定するというのはなかったわけです。

8年分全部が分かって一人前という意味です。

実は、これもワガノワ先生の作り上げた教授法の思想が反映されてのことなんです。

でも、話が長くなるので、それは別な機会に。

それで、
どんな決断をしたかというと、

ひとまず

・初級

での認定を出すことにしたようです。

しかも、
日本人でもこれを受けることが出来ます。

いま、
日本のバレエ教室の8割以上に,バレエ指導法資格所有者がいないらしいです。※2

日本では国がバレエ教師を育成することはしていませんし、

ワガノワメソッドに限って言うと、VBA本校以外で同メソッドのディプロマ(卒業証書)を出すことはロシアの法律で禁止されているとのことです。

だから、
余計に日本人でワガノワメソッドの教師になることは至難中の至難の業、となっていた訳です。

と・こ・ろ・が…

です。

今年、日本のバレエ教師にもVBA本校で認定教師になれるチャンスがやってきました。

現時点では、今後も継続して開催されるかどうかは決まっていません。

今年参加者を募集してみて、一人も申込がなければこの企画自体流れてしまってもおかしくないですね。

そう考えると、
ぜひ予定通り開催して、今後につなげてほしい。

もし、定番化すれば、
日本にワガノワメソッドの認定教師が徐々に増えることになります

しかも、
VBA本校による認定です。

すでに日本でワガノワメソッドで指導していながら、認定を受けていない教師にとっては、実力にお墨付きをもらえる千載一遇のチャンスと言えます。

生徒さんからすると、
自称ワガノワ教師より、
ワガノワ本校認定の教師のほうが安心だし、

より同メソッドに忠実なレッスンを受けることが出来る様になるはずです。

つまり、
教師にとっても生徒さんにとっても、

バレエの教育環境が良くなる訳です。

これってすごいことだと思いませんか?

日本のバレエ史の転換点にさえなるような気がしているのですが、どうでしょうか?

まだ不確定要素は含んでいるのですが、

ワガノワが動いた

ことは事実です。

幸運にも当方がその現場に立ち会わせていただいているので、その限りでは事実です。

 

※1
History of the Vaganova Ballet Academy

※2
日本のバレエ教育機関における教師の現状と課題『バレエ教育に関する全国調査』に基づく考察 海野敏ら、『舞踊學』第35号2012年

 

  • 2018 05.18
  • ワガノワが動いた はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 03.28

    バレエの真贋

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

LINEでお問合せ・バレエのご質問

友だち追加

YouTube再生リスト おうちdeバレエ団

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

各種一覧ボタン

バレエな体作り


おすすめカテゴリー記事

  1. 2020.08.06

    DF夏期講習

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部

FB

  • Facebook

Googel マップ

地図

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。