fbpx

講師陣の紹介

  • 講師陣の紹介 はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます

 

Fujishiro Ayako藤城彩子(ふじしろ あやこ)
6歳より鎌倉にてバレエを習い始める。結婚、出産後はスポーツセンター、カルチャースクールなどで大人のバレエストレッチやキッズバレエクラスを担当。2011年5月にダンシングファン入社。翌年YPSIベーシックピラティスの認定インストラクター取得。ピラティスストレッチでコアの筋肉を鍛えバレエで必要な引き上げの感覚を掴んでいきます。ゆっくり丁寧にバレエの基礎から教えていきます。じっくり身体と向き合いながら無理なくバレエを楽しんで下さい。心も身体もしなやかで美しい女性を一緒に目指しましょう。
市之瀬哉斗(いちのせ かなと)
3歳からバレエを始め、多くの先生方からご指導を受けてきました。プロの舞台に立ち、バレエ団の研修生としても師事を受けました。トゥシューズ、パ・ド・ドゥも踊れます。アダージオクラスも担当。
皆違う身体を持ち、原因も様々ですが、重心の位置・力の方向性・力の使い方を正すと確実に躍りやすく、そして美しくなると確信しています。動力や軸が目に見える視覚情報処理の強みを持って、”出来ない”を克服するステップを提供致します。是非個人レッスン等で体感していただけたら幸いです。
動くのが大好きな子ども達には踊りを楽しむ心を、学びに熱心な大人達には新たな発見をお伝えできればと思います。
令和3年度より、新たに英会話教師としてもクラスを担当することになりました。一緒に未来へ向けたグローバルな力を身につけていきましょう。
Ishijima Midori
石島みどり(いしじま みどり)

大人バレエ教師。幼少期よりモダン・バレエを始め、クラシックバレエ、キャラクテール、ジャズ・ダンスを長年にわたり学ぶ。1994年ニューヨークにてマーサ・グラハム・テクニックを学ぶ。2000年よりDancingFUNを主宰。解剖学的アプローチのバレエ指導を経た後、ロシアバレエのエッセンスをまとめた指導を実践。2018年ワガノワ・バレエ・アカデミー主催の『芸術の形態と意味の変容』にて論文を発表。ワガノワ・バレエ・アカデミー主催バレエ教師再教育プログラム初級の認定を受ける(日本で7名。2021年10月現在)。2016年より、VIACHESLAV ILYIN ヴャチェスラフ・イリイン先生(卒業証書No.ABC0804299 A.Y.ワガノワ記念 ロシア・バレエアカデミー教師:I.A.トラフィーモワ、I.G.ゲンスレル、N.S.ヤナニス、A.S.ハムジン)のもと、ワガノワバレエ教授法全課程を修了し2020年10月ディプロマを取得(修了証書No.2020-02)。ロシアバレエe予備校校長。おうちdeバレエ団団長。ブログ『バレエの学校』執筆中。元オールアバウト大人のバレエガイド。バレエ道場®認定師範。 認定マスターアンクルトレーナー®。2017年2月神奈川県新体操クラブ連盟強化練習会講師。2017年6月~9月競技ダンスの日本代表選手に審美系トレーニングを提供。IQ体操師範。大人バレエのお悩みバスターズ講師。一般社団法人日本ワガノワバレエ協会教授。一般社団法人日本バレエダンサー育成協会理事

ワガノワ・バレエ・アカデミー・バレエ教授法最高責任者マリア・グリバーノワ先生と
Facebookページ
  • 2015 07.30
  • 講師陣の紹介 はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピルエットの三要素からバランス
コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル



LINEでお問合せ・バレエのご質問

友だち追加

YouTube再生リスト おうちdeバレエ団

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

各種一覧ボタン

バレエな体作り


おすすめカテゴリー記事

福利厚生倶楽部

FB

  • Facebook

Googel マップ

地図