タグ:イベント

  1. 「この足ではワガノワには入学できない。留学生だから入れたんだよ。」 ワガノワ・バレエ・アカデミーを卒業し、ロシアのバレエ団で活躍することになったバレリーナから聞いた言葉です。 &n…

  2. ピルエットに階段があることをご存知ですか? 上達の階段、難易度の階段のことです。 いわゆるピルエットとして知られているつま先を軸脚の膝横に置いて回るあのターン、、だけがピルエットではないんです。 つづき…

  3. ■テクニックは「●」 バレエが上手になりたいと思った時、真っ先に求めるものの一つが 「テクニック」 ・ピルエットで一回転でも多く回りたい ・完璧な180度ターンアウトがほしい ・脚を120度以上に上げたい ・空中で脚を2…

  4. 海外では振付家の存在がとても大きいですね。バレエ団よりも影響力を持つことがあるほどです。 そんな振付家は、どこでどうやって振付を学んだんでしょうね。 バレエのレッスンでは、振りは与えられるもので、自ら振り付けると言う機会はほとん…

  5. 楽しくウォームアップしながら、体の動かし方やテクニックだけでなく、理論や表現力を重視して統合した日本国内では稀な『表現力アップや創造性を高めるダンス講座』です。 短い練習時間でも、効果的に見えるダンス振付方法は、具体的な演技と…

  6. 有名な曲を楽器で演奏する練習をしていると、 「何でこの音?」 と疑問に思うことがあります。 作曲者からすると、あえてその音を選んでいるわけで、そこには「意図」があります。 普通に曲が弾ければいいや、という感じ…

  7. ■対象 ピルエット二回転がどうしても出来るようになりたいバレエ経験3年以上の大人リーナ ■ゴール ピルエット二回転を成功させる。 (強引な高速回転は対象外) 詳細はこちら …

  8. アダージオ初級(男性とのデュエット)~篠崎太郎先生   【期待できる学び】 男性と踊ることで、自分のバランスを理解できるようになります。男性のサポートのおかげで踊りの幅がぐ~んとアップするのも楽しみの一つです。 また、…

  9. 一回五時間のバレエレッスン 「出来るようになるまで練習しなさい!」 どこかで聞いたことがありそうな一言。 これって、冷静に考えてみると、 生徒が自分で黙々と反復練習せよ のこと。 要するに、独学ですよね? …

  10. バレエの生徒達が「もっとやりたい〜」と言いながら終わる。 終始笑顔で時には「キャーキャー」はしゃぐ子も。 いままでのレッスンで「この子達ほんとにやる気あるのかな?」と思っていたのが嘘のよう。 そんな変化が実際に起っています…

RETURN TOP

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

メルマガ&ブログ一覧

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ