バレエ教師が音楽の伝道師でもありますように

  • バレエ教師が音楽の伝道師でもありますように はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

天を仰ぐピアニスト

ロシアバレエの名花マイヤ・プリセツカヤが亡くなって、間もなく一周年を迎えます。

彼女が遺した言葉で忘れられない一言がこれ。

「バレエとは音楽に溶け込むこと。」

音楽と溶け合って
一つになった踊りがバレエです。

なのについ、
レッスンでは、
テクニックに目が行きがち。

カマ足がどうの
引き上げがどうの
ターンアウトがどうの
脚が上がったからどうの
たくさん回ったからどうの
などなど。

それらすべてを満たしても、
音楽と融け合っていなければ
それはバレエではない。

それがマイヤの言葉の意味です。

あなたの踊りは、
音楽と溶け合っていますか?

「よく分からない^^;」

ということもあるかも知れませんね。

生徒さんの立場なら、
それも致し方なしですね。

それも含めてレッスンを受けている
ともいえますので。

では、
それを教える側の教師が、
三拍子と二拍子の違いがわからなかったら、
どうなるでしょうか?

音楽が関係なくなった踊りは、
先ほどのマイヤの言葉に照らすと、
バレエとは呼べませんね。

当スタジオの主任バレエ教師石島みどりが
以前生徒として受けた驚きの実体験を元に
こんな記事を書きました。
↓↓↓
http://dfun.jp/bb/?p=922

投稿直後に、
同じような経験をしたという方から
コメントが寄せられました。

これはひょっとすると、
ひょっとしますよ…
↓↓↓
http://dfun.jp/bb/?p=922

頑張れ!日本のバレエ教育界

最後までお読みいただきありがとうございました。m(_ _)m

●告知
「引き上げ」克服対決!バレエ教師VSバレエトレーナ
【引き上げの弱点は…】 
 
 
 
 
 

  • 2016 04.18
  • バレエ教師が音楽の伝道師でもありますように はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピルエットの三要素
  2. 体幹から始めよう、大人バレエのセルフトレーニング
  3. 猪野恵司
コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り




 

 

 

 

 

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部