あなたの足、こうなっていませんか?

  • あなたの足、こうなっていませんか? はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

第二中足骨が最長だと、

・ルルヴェでグラつく
・ルルヴェを長くキープできない
・足が痛くなる
・疲労骨折がしやすくなる
・ジャンプの離陸と着陸で当たる
・くびれがなくなる

などの現象と遭遇します。

 

この第二中足骨が最長の足というのは、実際の足だとどう見えるかというと、

冒頭の写真のよう見えます。

趾(あしゆび)を床の方に折り曲げているので、中足骨の先端が見えやすくなっていますね。

 

そして、二番目。

第二中足骨が最も長こともお分かりいただけると思います。

ということは、冒頭で書いた数々の嬉しくない現象のすべてとは言いませんが、それらと向き合わなければなりません。

事実このモデルの生徒は、ルルヴェが安定しません。

今度は足裏から見てみましょう。

各●は目安なのであまり正確ではありません。

でも、第二中足骨が最長であることは足裏から見ても分かりますね。

次に、足底圧の分布をとってみましょう。

第一と第二の差が目盛一つ分ほどあることが分かりますね。

 

と言う訳で、あなたの足がどうなっているか調べてみてください。

最後の足底圧の分布測定は、一般家庭には普通はないと思います。

なのでここでは参考程度に。

写真は撮ってみてください。

ほぼ間違いなく、個人間でばらつきが出ると思います。

たとえばこんな感じで。

↓↓↓

 

同じ人で左右で違っていることも珍しくありません。

 

足に限らず人の体はバラついているのが普通なので、解剖学の知識の扱いにはご注意を。

事実を知らずに対策を打つべからず。

 

※ 参考ブログ『ルルヴェが安定しない意外な理由』バレエの学校
※ イカ足サポーターのご購入はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレエ上達ナビゲーター 長岐


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

  • 2018 01.04
  • あなたの足、こうなっていませんか? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り




 

 

 

 

 

 

 

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部