fbpx

バレエを教える際の注意点:子供と大人の違い

  • バレエを教える際の注意点:子供と大人の違い はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます

バレエを教えるとき、年齢によって生徒の心身の発達に大きな違いがあります。子供と大人では、体の柔軟性や記憶力、集中力などの面で異なるため、指導内容にも注意が必要です。この記事では、バレエを子どもに教える場合と大人に教える場合で、教師が注意すべき点について解説します。

子供に教える場合

子供たちは、柔軟性が高く、新しいことを覚えるスピードが速く、好奇心旺盛です。しかし、集中力が短く、長時間同じ動きを繰り返すことに興味を持たない傾向があります。したがって、子供にバレエを教える場合、楽しさを重視し、単調な練習を避けることが重要です。また、子供たちには、自己表現や創造性を尊重し、自信を持って踊れるようにサポートすることも大切です。

バレエの基礎姿勢や動きを教える際には、子供たちにわかりやすく、簡潔な言葉で説明しなければなりません。また、子供たちは気分屋で、プライドも高いため、叱られると傷つき、自信を失うことがあります。指導者は、生徒たちが楽しみながらバレエを学べるよう、ポジティブなフィードバックを与えることが大切です。

大人に教える場合

大人は、子供とは異なり、体の柔軟性が低く、初心者の場合、基本的な動きを覚えることに時間がかかる場合があります。しかし、集中力が高く、目標に向かって継続的に努力することができます。大人にバレエを教える場合、正しい姿勢や呼吸法、安全なストレッチング方法など、けがを防ぐための基本を丁寧に指導することが重要です。また、大人たちは、自分の限界を把握し、無理をせずに自分のペースで進めたいという傾向があるため、個別にアドバイスを与え、課題に対して共に解決策を見つけることが必要です。

大人に対しては、子供に比べて厳しいアドバイスを出しても、受け入れられることがあります。ただし、厳しすぎると、挫折してしまうこともあるため、指導者は生徒たちの個性を把握し、適切なアドバイスを与えるように心がけることが大切です。

指導者が注意すべき点

バレエを教える場合、年齢によって生徒の心身の発達に大きな違いがあることを理解し、指導内容に注意を払うことが大切です。また、生徒たちがよりよく成長できるように、個々に合わせた指導を心がけ、ポジティブなフィードバックを与えることも重要です。指導者は、生徒たちの潜在的な能力を引き出し、興味を持ち、楽しみながらバレエを学べる環境を提供することが求められます。

バレエを教える指導者は、教育者であるだけでなく、心理カウンセラーでもあります。生徒たちの気持ちや状況に理解を示し、適切なアドバイスを与えることが求められます。また、指導者自身が常に研究し、新しい教育方法や技術を取り入れることで、生徒たちによりよい指導を行うことができます。

まとめ

バレエを教える際には、年齢による違いを理解し、生徒たちがよりよく成長できるように、個別に合わせた指導を行うことが大切です。子供には楽しさを重視し、大人には基本的な動きやけがの防止について指導することが必要です。指導者は、生徒たちの潜在的な能力を引き出し、興味を持ち、楽しみながらバレエを学べる環境を提供することが求められます。バレエを教える指導者は、教育者であるだけでなく、心理カウンセラーでもあります。生徒たちの気持ちや状況に理解を示し、適切なアドバイスを与えることが求められます。

当教室での取り組み

主任教師石島みどりがロシアバレエ教授法の全8学年の課程をすべて修得しています。この知識をもとに、バレエの実力を段階的に高めて行けるようにクラスをレベル分けし、さらに、年間を通して月ごとにレッスン内容を細かくレベルアップさせています。子どもには楽しさを、大人には知識と上達を提供させていただけるよう教室として心がけています。ご興味を持っていただけましたらぜひ体験レッスンにお申込みください。

  • 2023 03.02
  • バレエを教える際の注意点:子供と大人の違い はコメントを受け付けていません

関連記事

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

LINEでお問合せ・バレエのご質問

友だち追加

お手本動画 ロシアバレエ1年生全15課題

お手本動画 ロシアバレエ2年生全25課題

お手本動画 ロシアバレエ3年生全24課題

YouTube再生リスト おうちdeバレエ団

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

各種一覧ボタン

バレエな体作り

おすすめカテゴリー記事

福利厚生倶楽部

FB

  • Facebook

Googel マップ

地図