本日ヴィシニョーワに聞く/ABTプリンシパルもルルベが不安定!?

  • 本日ヴィシニョーワに聞く/ABTプリンシパルもルルベが不安定!? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

DF通信】バレエを楽しくスイスイ上達したいあなたへ!バレエ上達のヒント

■本日ヴィシニョーワに大人バレエを聞きます!
■内容充実でした!ベルリン国立バレエ団ソリストによるピルエット・ウィーク
■無料でアームスの話が聞きたい?
■ABTプリンシパルもルルベが不安定で困っていた!?【体験会開催】

前回のDF通信の続報です。

■本日ヴィシニョーワに大人バレエを聞きます!
本日8/18、ディアナ・ヴィシニョーワに大人バレエについて質問します。

質問は4つに集約させていただきました。

さきほど翻訳も済ませました。

当日に(汗)

これは、ワガノワサマースクール2019サンクトペテルブルグの特別クラスとして開催されるヴィシニョーワ先生によるヴァリエーションレッスンのあと、少しだけ設けていただいた質問タイムで「大人バレエの生徒さんから」ということで質問させていただくものです。

どんな回答がいただけるか、今から楽しみです。

一応、お断りしておくと、質問タイムが流れてしまう可能性もございます。。

現場の進行が優先されますので。。

■内容充実でした!ベルリン国立バレエ団ソリストによるピルエット・ウィーク
ベルリン国立バレエ団(Staastsballett Berlin)ソリストのニコライ・コリパエフ氏に、日本の大人バレエの生徒さん向けにピルエットのノウハウを大放出していただこうということで開催した5つのワークショップ。

非常に内容が濃かったです。

特に講義の解説が充実していて、講義部分だけでも合計で約3時間

現役ダンサーだからこそ知っている、語れる話が多々含まれていて、バレエ教授法やトレーニングとはまた別な観点からピルエットを捉え直すことができました。

参加した方はかなりラッキーだったかも知れません。

一方、実技の時間は合計で4時間超。

講義で解説した内容を実技で確認していくような場面が多々ありました。

●ピルエットはアームス
その中で、印象的だった言葉が

・脚ではなく腕
・上半身が鍵

など。

大人の生徒さん達が脚は指示されたように動かせても、腕(アームス)が疎かになる傾向が強かったんですね。

普段のレッスンでも
・ターンアウトとか
・膝・甲を伸ばすとか

脚に意識が行きがちではないでしょうか?

それが功を奏して脚のコントロール力は高くても、腕(アームス)が疎かになりがちな傾向が見て取れたというわけです。

●「脇」が鍵
その中で、
日本語特有な便利な言葉・表現があることに気づきました。

それは、

「脇」

です。

脇を締める、とか
脇を開ける、とか
脇を意識する、とか

そういった表現は日本人としては普通に使えると思うのですが(動きの正確さはともかく)、

「脇」という言葉が使えるのはとても便利だと思いました。

とはいえ、
この「脇はどこか?」と考えると、

胸郭の側面という体の一部を指すこともあるし、

胸郭と上腕の間の空間を指すこともある。

そういう意味では、これも厳密には定義できないんですが、でもそこ(その辺り)を意識することは出来ますね。

今回のワークショップを見ていても、ピルエットがうまく出来ない方は、「脇」が使えてない傾向にあったようです。

「脇を使うとは?」

という次なる疑問も出てきますが、

そこをどう解説したかは、ぜひニコライ・コリパエフ氏の講義を聞いていただきたいです。

【ピルエットワークショップ全5回の内容】
1回目: 各部のプレースメント。アームス、脚、頭など。
2回目: からだ作り。ストレッチ、筋トレなど。
3回目: 動きのコーディネート。アームス、脚、頭、ターン、スポットなど
4回目: ダブルピルエットの行い方
5回目: 様々なピルエット。1、2、3、4回転、様々なポジション、有名作品のピルエットなど。

講義部分をまとめた動画をご覧いただくことが出来ます(只今製作中)。
http://dancingfun.co.jp/m/cf/nik_lec

■無料でアームスの話が聞きたい?
先程、
腕(アームス)の話を書きましたが、
無料でスマホで、
大人の生徒さん向けのアームスの話を聞いていただくことが出来ます。

8/23(金)
表サロン 21:30-22:15
裏サロン 22:15-23:00

・バレエ教師2名
・バレエトレーナー2名
・バレエ整体師1名
・現役バレエダンサー(義足)1名

合計5名(数が合わない(^^; )

が集ってオンラインミーティングを開きます。

足のポジションについては、細かく知っているけど腕(アームス)についてはそれほど知らない、ということはないでしょうか?

ピルエット成功の秘訣も

・脚ではなく腕
・上半身が鍵

とニコライ氏は語っていたんでしたね。

大人は知識で攻めたほうが結果が早いです。

興味ある方はぜひご参加ください。

下記リンク先で無料会員登録していただくと表サロンにご参加いただけます。
http://dancingfun.co.jp/m/cf/bstslp

裏サロンの視聴には、
会員サイトにログインして有料会員登録をなさってください。

■ABTプリンシパルもルルベが不安定で困っていた!?【体験会開催】
上記ニコライ氏は特に「イカ足」で困っていた訳ではなかったのですが、イカ足測定をしてみると、若干ですがルルベ時の体重の分布に偏りが見られました。

せっかくなので試しに「イカ足サポーター」を履いていただいたところ目が輝きました。

ベルリンに戻ったあと、
カンパニーレッスンで早速「イカ足サポーター」を試してみたとこ

「ピルエット5回転、安定して回れた!!!」

と喜びのFBメッセージが届きました。

努力ゼロでこんな結果が得られたら良いと思いませんか?(^^)

「努力ゼロ」にこだわるのには訳があります。

道具で解決できるものはさっさと解決して、
もっと重要なことにエネルギーを使たほうがその方のためになる

と考えているからです。

近眼の人に

「視力を鍛えて文字を読め ( ̄^ ̄メ」

とは言わないですよね。

道具で解決できるものはさっさと解決して、
どんどん前進したほうが良い

という訳です。

グラつきに限らず、
ルルベでお困りの方はご連絡ください。

意外と先生に多いかも知れません。

●無料体験会に興味ある方はこちら。
http://dancingfun.co.jp/m/cf/ika_fit

●「イカ足サポーター」の購入はこちら
http://dancingfun.co.jp/m/cf/ika

ところで、
先程のニコライ氏の安定したピルエット5回転の現場にABTのプリンシパルの方がいました。

なんと、
その方もルルベに問題があって困っていたと。

さて、
その後どうなったかは、
暫く先になると思いますが報告させていただきます。

いや〜、ABTプリンシパルが「イカ足サポーター」を試すことになるとは (^_^)v

バレエ界の実力の底上げが始まるかも知れません。

と、妄想する今日このごろ。。

上達に必要な情報は人それぞれ。
あなたのバレエの上達にDF通信をお役立て頂けますと幸いです。

バレエコンシェルジュ 長岐

⌘ お友達にご紹介ください。
バレエ上達のヒント「DF通信
http://dancingfun.co.jp/m/cf/df_form

  • 2019 08.22
  • 本日ヴィシニョーワに聞く/ABTプリンシパルもルルベが不安定!? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 外旋五筋

    2016 08.14

    外旋五筋

  2. パズル
コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

LINEでお問合せ・バレエのご質問

友だち追加

YouTube再生リスト おうちdeバレエ団

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

Twitter でフォロー

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り



おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部

FB

  • Facebook

Googel マップ

地図

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。