バレエの真贋

  • バレエの真贋 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

バレエのことが知りたくて、テクニックのコツが学びたくて、ネットで調べると、次から次へと〈答え〉が見つかります。

動画を使って解説したり、イラストを使って説明したり、一見すると、とても分かりやすい。

ここは日本です。

日本にはバレエを教える免許がありません。

もし、日本にバレエ教育に関する免許があったらどうでしょう。

それらの情報発信のほとんどすべてが違法に当たります。

例え医師とか鍼灸師とか、医療系の免許を持っていたとしてもです。

その医療に関しては免許がありますよね。

免許を持たないものが医療行為を行えば違法に当たります。

ネットで情報発信することさえ許されません。

バレエも同じ。

バレエ教師であっても、何を教えても、どんな情報発信しても良いわけではありません。

法律を逸脱した内容は、これも違法。

ここまで徹底すると、触れられる情報はかなり限定的になりますね。

情報発信者の数が激減するはずです。

生徒さんからするとちょっと残念で、不便に思うかもしれません。

でも、情報の質は高いものが残ります。

例え良心から発せられたものであったとしても違法は違法です。

よくネットの情報は玉石混淆と言われますが、石がなくなり玉が残るわけです。

何が玉で何が石なのでしょうか?

どうやって見分けたら良いのでしょうか?

バレエに限りませんが、一般の方が情報を見ただけで判断するのは難しいと思います。

でも簡単にできることが一つあります。

それは、その情報発信者が、バレエの教授法を修めているかどうかを見ることです。

その証がバレエ教師の免許です。

では、バレエ教師なら全面的に信頼して良いのでしょうか?

万一、小学低学年にトゥシューズを履かせるような指導をすれば違法に当たるでしょう。

そうなったら免許は剥奪されます。

ここまで、徹底されていればますます信頼して良いと思います。

ただし、そこまで国がバレエ教育に関わってくれていればの話。

それがすでに実施できているフランスやカナダ、ロシアと違って、日本は野放しです。

「ご自由にどうぞ。」

と。

だから、ちょっとバレエをかじっただけでもバレエ教師になれるし、バレエを教えたことがなくてもネット上で

「これがバレエです。」

と情報発信が出来てしまう。

あなたの時間とお金と労力が石に使われている可能性は感じていますか?

その可能性を下げられるのは、バレエ教師だけです。

なのに、バレエ教師の情報発信が驚くほど少ない。

あっても、書籍の丸写しだったり。

駄目でしょ!

これは著作権法違反なので、止めるべき。

別に情報発信しなければならないという義務はないのですが、〈バレエの石〉でネット上の情報が埋め尽くされつつあります。

「バレエの玉」を出せるのは、(バレエ教授法を修めた)バレエ教師以外にないのです。

ところが、残念ながら、日本にはバレエ教授法を学ぶ場が事実上ありません。

そこで、わざわざ海外のバレエ学校に留学してバレエ教授法を修める方がいらっしゃいます。

頭が下がります。

そういった方達を筆頭に、日本でバレエ教師をしている方には、積極的にバレエに関する情報を発信して頂きたい。

そうしないと、日本が〈バレエの石〉で埋め尽くされてしまいます。

と、呼びかけて終わるのではなくて、自らもアクションを起こします。

近日中にこれに関するご案内を公開します。

〈バレエの石〉を遠ざけて、「バレエの玉」を近づける情報を優先的に受け取りたい方は、下記ボタンを押してお申し込みください。

・子どもの体と夢と可能性を拓くために
・大人が時間を浪費しなしくて済むように
・教師が本来の役目を果たせるようにするために

同じ方向に向かって行動を起こす方は特別に応援させていただきます。

 

「バレエの玉」情報に優先的にアクセスしたい方はこちら。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレエ上達ナビゲーター 長岐裕之

  • 2017 03.28
  • バレエの真贋 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り




 

 

 

 

 

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部