3秒でピルエットの苦手が消えたヒミツ

  • 3秒でピルエットの苦手が消えたヒミツ はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

コマ

先月、当スタジオにて開催した
札幌の森脇俊文トレーナーとバレエ教師 石島みどりのコラボイベント
「ターンの極意と鍛錬」。

その内容云々は、
動画の準備が整いましたら改めてご案内させて頂きます。

本日のDF通信は、
そのイベント直後のある出来事。

その日のテーマはターンだったわけですが、

実は森脇トレーナーは、
ピルエット5回転を目指して、
独学で色々工夫しながら挑戦し、

その過程を2012年4月からブログに
「ピルエット日記」*
として記録しているそうです。

興味ある方ぜひご覧ください。

その森脇トレーナーは、
もともとスキーのトレーニング指導が専門。

それなのに、
いまバレエ界でとても有名なトレーナーとして
日本各地でセミナーを開催するほど活躍していらっしゃいます。

こういった地道な失敗体験を積み重ねていらっしゃるからなんだろうなと、

再認識いたしました。

「上達したいけど思うように上達できない」

という生徒さんの悩みが
実体験を通してわかるんでしょうね。

名選手、名監督にあらず。

という言葉があります。

バレエに置き換えると、

名ダンサー、名教師にあらず。

でも、
世の中には、名監督も名教師もいる。

ということは、
こんな風に言えるはず。

名監督は、もと名選手ではない。

名教師は、もと名ダンサーではない。

名ダンサーにしても、
名教師にしても、
どちらか一つの称号が得られるだけでも素晴らしいことですね。

では、
名教師中の名教師は誰でしょうか?

人類史上最高のバレエ教師。

最も多くの生徒を最も高いレベルまで上達させることに成功したバレエ教師。

こう言うと、
誰のことだか分かってきますね。

そう、ワガノワ先生です。

ワガノワ先生は、
ノーベル賞級のバレエ教師だと思うのですが、

現役時代のことをご自身でもそれほど上手ではなかった
と自伝の中で記しています。**

コンプレックスの塊

だった様子がヒシヒシと伝わってきます。

実際、
バレリーナとしてのワガノワ先生は、
あまり知られていないですよね。

それなのに、
人類史上最高のバレエ教師
(あ、私が勝手にそう言っているだけです^^;)
として名を残すことが出来たのか?

伸び悩んでいる生徒をどんどん上達させてしまったからですね。

おそらく、

他のどの教師よりも
多くの悩みを抱えた生徒たちを

他のどの教師よりも
短期間のうちに高いレベルに上達させてしまったんだと思います。

だから、
関心を呼びロシアの国立バレエ学校に
名前とカリキュラムを残すほどにまで
なったんだと思います。

これも自伝に書かれているのですが、

下手な自分がどうやったら上達するのか

そのための試行錯誤をひたすら繰り返していたそうです。

その経験の蓄積が教師となったときに花開いたわけですね。きっと。

もし、ワガノワ先生が名ダンサーだったら…

「やれば出来るでしょ!」
「どうして出来ないのか分からない!」
「私の真似をして!」

とか言われてしまって、
生徒さんは、
みるみる上達する、

わけないですね。(;´Д`)

そこから学べることは、
いま上達に苦しんでいる人は、
その経験自体がすでに将来に宝となる可能性をはらんでいるということ。

冒頭の森脇トレーナーの例が
そのとても良い例だと思います。

ただし、単なる反復はダメです。

それは思考停止。

ワガノワ先生がそうであったように、
森脇トレーナーがそうであったように、

試行錯誤が大事なんです。

同じ間違いを繰り返さない工夫が大事なんです。

さて、そんな森脇トレーナーが、

石島とのイベント終了後、

おもむろにピルエットを披露されました。

それを見ていた石島が、

・腕の置き方
・軸脚の形

この2点を指摘した次の瞬間、

「過去最高回転数達成」
「今までに感じたことのない回転感覚」

を森脇さんは実感されたそうです。

石島が

3秒でステップの苦手を消去せよ!

と謳っているのもあながちウソではない訳です。

なぜ、
石島にそんなことが出来るのかというと

特殊な才能があるから(^_^)v

ではありません。

バレエについては、
ワガノワメソッドの教授法

直球ど真ん中です(^_^)v

そして、
そのままでは無理が来る生徒さんに対しては

力学的アプローチを使います。^_^

この二つを組み合わせれば、
誰でも、とは言いませんが、
多くの指導者が再現可能です。

なので、

生徒さん一人ひとりに伝えることも大切ですが、

指導的立場にあるバレエ教師やトレーナーの方に知っていただけると、

きっと良いことが起こります。

クライアントである多くの生徒さんたちが恩恵を受けることが出来るからです。

興味あるトレーナーの方、
バレエ教師の方、

ぜひこちらにいらしてください。

この形での開催は、
石島のスケジュールの関係でしばらく予定しておりません。

バレエの生徒さんをクライアントに持つ方であれば、
この1回で今後の指導内容に変化が現れるはずです。

参考
* 森脇トレーナーの「ピルエット日記
**『ワガノワのバレエ・レッスン』アグリッピナ・ワガノワ著、新書館
*** 森脇トレーナーと石島のコラボ「ターンの極意と鍛錬」絶賛早割発売中!

最後までお読みいただきありがとうございました。
バレエ上達ナビゲーター長岐でした。

 

///////////////////////////////////
バレエスタジオ DancingFUN
小さな教室でも最高のバレエ教育を
225-0002
横浜市青葉区美しが丘4-1-21-2F
Tel/Fax:045-902-2556
www.facebook.com/dancingfun
www.dancingfun.net
///////////////////////////////////

 

PS
DF最新情報一覧こちら

オリンピックの選手を育てる第一歩は
ここからかも知れません。

●お願い
DF通信をバレエのお友達にご紹介ください。
こちらのリンクをお伝え頂くだけです。
↓↓↓
DF通信登録フォーム
http://eepurl.com/Ca1fX

  • 2016 06.08
  • 3秒でピルエットの苦手が消えたヒミツ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り




 

 

 

 

 

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部