【アレグロってアレグロではない】

  • 【アレグロってアレグロではない】 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

バレエでは「アレグロ」ってよく言いますけど、この「アレグロ」って音楽用語ですね。テンポを表すことばです。で、バレエのレッスンで普通に言う「アレグロ」って正しくは「アレグロ・モデラート」だそうです。

文字通りの「アレグロ」はこの「アレグロ・モデラート」より速いんです。

で、今月のバレエ道場のテーマはその「アレグロ(モデラート)」の方です。でも、アレグロは踊りませんよ。踊らないけど、終わったときにはアレグロが踊りやすくなっているようなトレーニングをします。

以前開催したバレエ道場「アレグロ」の際には、テンポを+50%にしても全員踊れるようになってしまったので、それって文字通りの「アレグロ」よりもさらに速い「アニマート」というテンポの領域です。

それでも全員ついてこられるほど素早くバレエのステップをこなせるようになったということですね。

ちょっと衝撃的な出来事だったんですが、その後の開催で偶然ではなかったことが既に分かっています。

「そんなに速く動けるようになってどうするの?」

という声が聞こえてきそうですが、当方の答えは、

「本来のテンポで踊ったとき、随分と遅く感じるほど余裕が生まれる。その余裕を表現に回せば、より良い踊りになる。」

というもの。

もしあなたが「アレグロ」に苦手意識があるなら、一度お越しください。今年最後のバレエ道場です。
http://dfun.schoolempower.jp/class/3529

 

 

  • 2016 12.13
  • 【アレグロってアレグロではない】 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 12.15

    ブログ一覧

コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

各種一覧ボタン

各種申込ボタン

バレエな体作り




 

 

 

 

 

 

 

Googel マップ

地図

アーカイブ

おすすめカテゴリー記事

オンライン教材を購入された方へ

福利厚生倶楽部